プロフィール
家族

【思い出旅行】年に一回は家族旅行をするための方法『費用は2万円』

ひと時の笑いをお届けするhideぼです。(@hidebo42 )

家族旅行と聞いて思う事は、お金がかかるでも行きたい。でも悩んでる事無いですか?

そんなあなたに家族旅行が2万円で行ける家族旅行の考えを教えたいと思います。

まずは、家族旅行の定義からです。

  1. 家族旅行は贅沢にする
  2. 家族旅行は食事メイン
  3. 家族旅行は◯泊◯日にする
  4. 思い出旅行にする。

4つの定義がありますが、今回は『思い出旅行』の定義で2万円で家族4人が心に残る旅行を知ってもらう方法です。

※高速料金とガソリン代は別ですのであしからずよろしくお願いします。

 

思い出旅行とは?

思い出旅行は、家族にとって思い出に残る旅行です。

ここで幼き頃を思い出して見て下さいね。

幼き頃の思い出で1番印象に残ってる事は何ですか?

  • 家族に怒られた事
  • 家族で笑った思い出
  • 家族と旅行でハプニングあったけど楽しかった。
  • 家族旅行した事を小学生の時に絵を描いてた。

家族旅行は行くだけで、思い出に残り過ごした日々を思い出せる。大切な出来事』です。

気が付きませんか?

お金』の概念は無いです。

 

確かに贅沢な旅行も思い出になります。しかし贅沢で無いと行けない事では無いのです。

 

なぜなら、幼き頃にどれだけ家族と笑い過ごし、楽しんだかが『価値』であり思い出となるからです。

 

私は、4年前に父を亡くしました。

しかし、思い出旅行や数々の出来事があったから、最終的には、楽しんで過ごした毎日となりました。

あの時、父と釣り堀で釣りをした日。

あの時、家族で遊園地に行って鯉に餌をあげた日。

全て『家族で過ごす楽しい日が思い出に』それを教えてくれた父

 

家族旅行は、思い出を作る旅行です。

思い出にする旅行ならお金が無くても、節約して行ける旅行が今回2万円旅行です。

 

※高速料金とガソリン代は別ですのであしからずよろしくお願いします。

2万円旅行の決め方

https://twitter.com/hidebo42/status/1028608937422016513

  • 日帰り旅行
  • 目的地は自宅から片道200キロ以内
  • 早朝出発
  • 目的地は1つで(帰り道に2つ3つ寄る)

hideぼの家族旅行の決め方は以上です。

ここで重要になるのが目的地①です。

  • 目的地①(メイン)
  • 目的地②(サブは帰り道)
  • 目的地③(サブのサブで時間に余裕があれば寄りたい場所)

 

次に目的地での行動です。

  • 目的地①(時間を長く取り、遊び、観光をメインに使う)
  • 目的地②(目的地①を満喫し、帰り道にある観光、お土産をメインに考える)
  • 目的地③(余裕時間があれば寄りたい所なので、観る観光のみを考える)

目的地の決め方はこのように、メイン、サブ、セミサブと3段階まで考えて置くと、後々決め無くてすみます。

 

日帰り旅行で大事なのは、時間と余裕を持って有意義に過ごすです。

 

目的地の次は時間の配分を決める

時間の配分を決める為に必要なのは3つあります。

  1. 1日の時間(全体の時間)
  2. 目的地①の時間を決める
  3. 移動時間を把握する

 

はじめに、1日の時間(全体の時間)が1番大事になってきます。

①朝8時出発〜帰宅20時なら12時間が旅行時間です。

②朝5時出発〜帰宅20時なら15時間が旅行時間です

この差3時間が大事です。

 

なぜなら日帰り旅行なので、ホテルのチェックインなどはないから、全ての時間が旅行時間になります。

次にに目的地①の時間を何時間取るかは、全体時間の3分の1が目的地①の時間に設定します。

上の例で見てみますと例①は12時間の3分1で4時間が目的地①の時間です。

 

例②は15時間の3分の1で5時間が目的地①の時間です。

 

この差の1時間がこの先に余裕時間になる分かれ目ですよ。

 

次に移動時間を把握する。

 

はじめに片道200キロなら高速道路で時速100キロなら2時間ですね。しかし休憩や道に迷うと言う事を考えると200キロなら3時間〜3時間半が目安です。

往復なら6時間〜7時間は移動時間になります。

先ほどの例で見てみましょう!

例①は全体12時間から目的地4時間を引くと8時間残り移動時間は6時間〜7時間で余裕時間は1時間〜2時間になります。

 

例②は全体15時間から目的地5時間を引くと10時間残り移動時間は6時間〜7時間で余裕時間は3時間〜4時間になります。

 

例①と例②の差は2時間です。

大きいですよね。日帰り旅行の鉄則は全体時間の設定がとても重要になります。

またなぜ朝を早くするのがいいのかは、渋滞を避けれるから、朝早く行動します。

 

朝を遅くするたびに、全体時間は削られ、移動時間も伸びると言うダブルで時間を削られます。

 

最後に思い出旅行は計画が大事

思い出旅行2万円で満喫する定義は、計画が大事です。

計画的にすると言うとめんどくさいと思いがちですが、ここで必要な計画は小学生でもわかる計画です。

  1. 日帰り旅行
  2. 目的地は自宅から片道200キロ以内
  3. 早朝出発
  4. 目的地は1つで(帰り道に2つ3つ寄る)

この4つを考えるだけで2万円の昼費用で思い出旅行が出来ます。

主に費用で使う物は

  1. 目的地①の費用(入園料、駐車場)
  2. 食費(朝食、昼食、晩食)ここで重要なのは昼食だけリッチにする。
  3. 目的地②③の費用(余裕が出たら日帰り温泉)

 

※高速料金とガソリン代は別ですのであしからずよろしくお願いします。