プロフィール
体験

真実は1つ、意味を知ることで、騙されない自分になる

 

ひと時の笑いをお届けするhideぼです。

今回は、ぼくと娘で学校の行事で、とあるお寺のお坊さんが真実の意味の話しをしてくれました。

池に溺れている2人が居ます。

1人はあなたの身内です。

もう1人は他人です。

あなたはどちらを先に助けますか?

  1. 身内の人
  2. 他人の人
  3. 近い人
  4. どちらも助けない、応援を呼ぶ

 

答え『近い人から助ける』が正解。

身内だろうが知らない人だろうが近い人から助けるのが当たり前。

目の前の人が溺れているのに、遠くから助けないでしょ。

まあぼくも、身内からだろうと思いました。

ここで1番重要なのは、『人には感情がある』と言う事です。

詳しく説明していきます。

それでゆっくり読んで下さい。

 人の感情は真実を見えにくくする

人の感情は、大事でもあり、厄介でもあります。

感情が無いと、感謝、感激、感動にもならないので大事で大切。

ただ厄介なのは、真実の意味を忘れてしまう事です。

先ほどの話しで!

池に溺れている2人が居ます。

1人はあなたの身内です。

もう1人は他人です。

あなたはどちらを先に助けますか?

  1. 身内の人
  2. 他人の人
  3. 近い人
  4. どちらも助けない、応援を呼ぶ

お坊さんの話しでは、4択ではなかったですが。

あえて4択にしたのは、選ぶ事でわかりやすいと思いました。

ここで『身内』っと入ると大概の人は、身内からになると思います。

なぜなら、知っているから感情が出るからで、身内を早く助けたい。

身内を助けたいしか考えないからです。

 

間違いでは無いのでご理解して下さい。

身内が近い所で溺れていたら、身内の人を助けます。

ここで『真実の意味』は、2人の人が溺れている。

助けるなら、近くの人から順番に助ける。が真実の意味です。

人の感情は、真実を見えなくする事があるから、注意しましょうと言うお話です。

 日本人は真実を見えにくくする事が多い

お坊さんは、もう1つ話しをしてくれました。

六曜(ろくよう、りくよう)は、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜がある。

旧暦の話しです。

お坊さんは、これも真実の意味は、中国の博打の暦と話してました。

実際には、よくわからない説が正しいのですが、日本政府は、暦で吉凶で区別するのを廃止したとあり、現在な七曜になったと。

六曜の歴史(ウキペディア)

年配の方はかなり迷信を信じて行動するので、かなり左右されます。

私は、お坊さんから話しを聞いていたので、ほぼ信じない方向で育ってきました。

ここの真実の意味は、『六曜』は迷信と、中国の暦で吉凶がある暦を作ったです。

ただこの事を、信じるか信じないかはあなた次第!

 真実の意味のまとめ

真実の意味を知ることで今まで、思ってた事から、視野が広がります、そして正しい選択が出来るようになります。

上記の2つの話しは、例題なので、真実を見抜く事が大事です。

騙される、騙されないは、自分自身が、見抜く力を持たないと、騙されます。

まだまだ色々な、このように感情や迷信で、見えにくくなっている事が多いので。

私も同じく見抜く力を付けて行こうと思います。